復興航空(トランスアジア) 石垣⇔台湾(台北)線 直行便|時刻表

復興航空 石垣空港⇔台湾(桃園)間の直行便
石垣⇔台北線の使用機材はA320で150人乗り。従来の72人乗りから2倍以上を運べるようになった様ですね。

直行便が運航されると実に2カ月ぶりの再開となる。開港予定日は5月23日から。

復興航空のアナウンスによると石垣-台湾(台北)間の直行便は、 週2往復(木、日)で、

これまでの花蓮国際空港発着から(台北)桃園国際空港発着に代わるとのこと
以下、

復興航空が発表した新石垣空港⇔桃園国際空港の運航ダイヤと時刻表。

復興航空ホームページ時刻表[石垣島⇔台湾(桃園)直行便]によると、
桃園国際空港を13:25に出発し、15:20に南ぬ島新石垣空港に到着。
新石垣空港を16:10に出発し、16:10に桃園国際空港に到着とあります。

[補足]時刻表を見る際、初めての方は台湾-日本間の時差を考慮しない混乱するでしょうね。
時差は台湾が日本の-1時間。日本が台湾の+1時間ですので、

上記、復興航空時刻表の桃園発-桃園着の部分が台湾時間だと、
石垣空港から16:10(日本時間)に出発する際、台湾時間は15:10分。
桃園空港への到着時刻は台湾時間の16:10分となります。

桃園空港から13:25分(台湾時間)に出発する際、日本時間は14:25分。
なので石垣空港への到着時間は15:20〜25となります。

直行便だと台湾まで約1時間ですね。

【豆知識】

日本と台湾との時差は?(時刻表の見かた)
日本-台湾との時差はマイナス1時間(グリニッジ標準時+8時間)。
つまり日本が正午12時のとき、台湾は午前11時となります。
ちなみに台湾はサマータイムがありません。

花蓮空港、台北松山空港
花蓮・松山空港は軍民共用空港です。松山空港は許可なく上空から空港や周辺を
撮影する事が禁じられており、機内アナウンスもあるるようです。
また花蓮空港では搭乗口から先の撮影も禁止されているようですので、 台湾観光の際は、
同空港でのビデオカメラ、 写真等の撮影には気を付けて下さい。双眼鏡も禁止とのこと。

タクシーサービス
桃園空港オフィシャルのタクシー乗り場は、桃園空港の第1ターミナルビル入国ロビー北側と
第2ターミナルビル入国ロビー南側。この乗り場に停留しているタクシーは、
航空警察局の厳しい選抜を受けている為、安心できるようです

到着ホールにはタクシーの呼び込みが多数いるようですが、このタクシーは乗らず、
空港オフィシャルの乗り場から出ているタクシーを利用した方が良いとの事。
(黄色いタクシーが公営のエアポートタクシーで料金はメーター制)
営業時間は天候に関わらず24時間。

お問い合わせ:
第1ターミナルビルタクシーサービスセンター電話番号:+886-3-3982832
第2ターミナルビルタクシーサービスセンター電話番号:+886-3-3983599
クレーム受付専用電話番号:+886-3-3982241  +886-3-3982177

飲み水
台湾の水道水は飲料水として適していないようです。
飲料水はホテルに備え付けられていますが、お出かけの際はペットボトルを
常備されるか、市内コンビニ等で購入されると良いでしょう。

日本の電化製品は台湾で使えるか?
台湾の電圧は110V。日本の電圧は100V。コンセントの形状も日本と同じです。
製品仕様を確認して、仮にAC定格入力が「100V〜120V」とあれば、
110Vは範囲内ですので日本の家電機器は台湾でも使えます。
ほとんどの日本製品100Vは台湾で使用しても全く問題ありません。

最近のノートパソコンなどは「100V〜240V」と国際使用になっている為、
基本的に変圧器は不要です。ただし範囲外の機器を使用すると、
破損ショートの原因になりますので変圧器を使用されると良いでしょう。

例)「100V〜120V」の製品を「200V〜」の国で使うと破損します。

関連記事
マンダリン航空 トランスアジア航空 | 石垣⇔台北路線 2社運休

2013/05/02



スポンサーリンク
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。