スカイマークが石垣島から撤退:同業他社による運賃引上げの不安も

スカイマークに関する残念なニュース。
スカイマーク本社が1月29日の午後に石垣島路線と宮古島路線からの撤退を突然発表しました。

平成25年7月10日に南の島石垣空港と那覇、神戸、成田に就航してから1年半が経過していた
Skymark社ですが、東京地裁に民事再生法を申請し、経営破綻してしまいました。
広報担当者によると、再運行の「見通しは無い」との事です。

石垣⇔那覇便の運航期限は?
石垣⇔那覇便の撤退期限は2月1日〜3月28日までで、
その間、現行より1往復2便少ない2往復4便に減便していくとの事です。

スカイマーク撤退を惜しむ声:
スカイマーク社撤退のニュースを聞いて、大多数の八重山郡民から「撤退しないでくれ」と
同社の撤退を惜しむ声が挙がっています。

本土から石垣島へ格安観光される方はもちろんの事ですが、
石垣島在住の出張の多いサラリーマンや沖縄本島の病院に通っている方、
スポーツ遠征の子供たちとその親、先生方など、色々と撤退の影響は大きいです。

スカイマークが撤退してしまうと、同業他社の運賃引き上げが起こるのが目に見えていますので、
私たち島民はなるべくSkymarkを利用するように努めていました。なのでどうして?の疑問も。

撤退の原因は?
どうやら円安による航空機リース料金の負担増しや、
エアバス社との「A380」を巡っての違約金トラブルが背景にあるようです。
石垣路線を含むその他12路線、最大128便の減便も行うようですね。

スカイマークまた来てほしい:
新石垣空港が開港して以来、八重山入域観光客数は2年連続して最高記録を突破。
2014年度は112万人を記録し、前年の94万人と比べて約18万人上まりました。
これもスカイマークのような格安LCCが就航しているからです。
なのでスカイマークが撤退すると八重山全体の観光業にも悪影響が出てくる事が懸念されます。
スポンサーリンク
posted by 八重山人 at 18:35 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする