南の島石垣空港が開港2周年記念

南の島石垣空港が2013年3月7日に開港してから
明日2015年3月7日で、ちょうど2周年を迎えます

月日の流れは早いものでして、石垣空港が開港してからこの2年間で、
八重山観光を含めた経済、政治に関してもめまぐるしい変化がありました。

空港が新しく出来るだけで、これだけ島の各産業にインパクトがあるものか?と、
石垣島で生活していて色々肌で感じています。

2014年度の乗降客数は232万5230人だったらしく、
2年連続して過去最高記録を突破しています。

空港効果で内地からの観光客もどんどん増えていますが、
台湾、中国、韓国、そして西洋人など、外国の観光客も多くなっていると感じています。

また、八重山に訪れる観光客が年間に消費する額は
653億円にも上る、との推計も出ているようでして、
どうりで八重山の各観光地や市内繁華街は活気があるんだ、と思いました。

また今年は、入域観光客数がうなぎ上りに上昇しているのを見越してか、
コンビニ大手のファミリーマートが石垣島に参入し、
市内8か所で、たて続けに新規店舗をオープンするなど、

既存のコンビニチェーンであるココストアとの競争が激しくなって来ています。

おかげで生活が便利になったのは良いのですが、
石垣市内はどこに行ってもコンビニだらけになりました。

その他、大手本土企業の進出の動きも色々聞きますし、
新石垣空港開港のインパクトはやっぱ大きいなと感じています。



スポンサーリンク
posted by 八重山人 at 11:49 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。