香港エクスプレス航空: 石垣空港⇔香港直行便(冬季運行も実現か)

LCC(格安航空会社)の香港エクスプレス航空が、
「南ぬ島石垣空港(ISG)」と「香港国際空港(HKG)」間を結ぶ
直行便の冬季運航に向け、 石垣島に熱い視線を送っています。



(C)http://www.hkexpress.com/ja/

香港エクスプレス航空のCEOアンドリュー・コーウェン氏によると、
石垣島は同社が今年新たに開設した日本国内路線の中でも、
利用者の人気がダントツに高い路線であり、出来ればこの状態を維持する為、
冬季ニーズにも期待しつつ、更なるマーケティングに励みたい、とのこと。


同社は2016年6月16日から夏の観光シーズンに合わせ、
「石垣空港」⇔「香港国際空港」間の格安直行便路線を新規開設していた。


当初、夏場だけの運航予定であったが、
8月末までの搭乗率が80%〜90%をキープするなど、
石垣島路線の人気ぶりに押された結果、今回の運びとなった。

「南ぬ島石垣空港(ISG)」⇔「香港国際空港(HKG)」間を結ぶ
直行便路線は、現在、香港エクスプレス航空のみ


(C)https://www.facebook.com/HKExpress 香港エクスプレス公式FACEBOOK

個人的に、8000円台で香港に行けるのなら、「石垣」 ⇔ 「那覇」間の航空運賃よりも安いので、
地元八重山の人にも需要が出そうだな、という感覚はあります。その気になれば離島の人でも、
年間を通して気軽に石垣空港から海外旅行に行ける時代になった事を歓迎したいですね
(すごい時代になったものだ)。

また、八重山へ観光に来られる方も、観光を一通り終えて本土に帰る前、
ちょっと寄り道する感覚で石垣空港から香港にひとっ飛び!!
香港$100万ドルの夜景を堪能して帰国なんてプランも有りだと思います。
(だって、石垣空港からたった2時間で香港に行けるんですよ!?石垣港からフェリーで4時間かけて
与那国に行くよりも時間がかからないというこのインパクト・・・島人には大きすぎ)

※香港エクスプレス航空に関する日付、出発/到着時刻、料金、便名、手荷物、
チケット購入予約、運行状況などの詳細は、以下の公式リンクから確認できます。

香港エクスプレス航空公式(HP)日本語版
http://www.hkexpress.com/ja
 

香港エクスプレス航空の日本国内空港 ⇔ 香港国際空港間の
直行便-往復運航路線は何カ所あるか?

日本国内からの直行便(国際線)は以下のとおり:
※()は所要時間 

< 東京 >
成田国際空港 ⇔ 香港国際空港
(成田 ⇒ 香港 約5h20分)
(香港 ⇒ 成田 約4h10分)
羽田空港 ⇔ 香港国際空港
(羽田 ⇒ 香港 約5h15分)
(香港 ⇒ 羽田 約4h25分) 

< 名古屋 >
中部国際空港セントレア ⇔ 香港国際空港
(セントレア ⇒ 香港 約4h)
(香港 ⇒ セントレア 約3h15分) 

< 大阪 >

関西国際空港 ⇔ 香港国際空港
(関空 ⇒ 香港 約4h25分)
(香港 ⇒ 関空 約3h25分) 

< 高松 > 
高松空港 ⇔ 香港国際空港
(高松 ⇒ 香港 約3h40分)
(香港 ⇒ 高松 約3h50分) 

< 広島 >
 
広島空港 ⇔ 香港国際空港
(広島 ⇒ 香港 約4h分)
(香港 ⇒ 広島 約3h10分) 

< 福岡 >
福岡空港 ⇔ 香港国際空港
(福岡 ⇒ 香港 約3h35分)
(香港 ⇒ 福岡 約3h15分) 

< 鹿児島 >

鹿児島空港 ⇔ 香港国際空港 
(鹿児島 ⇒ 香港 約3h10分)
(香港 ⇒ 鹿児島 約3h5分) 

< 石垣島 >

石垣空港 ⇔ 香港国際空港
(石垣 ⇒ 香港 約2h5分)
(香港 ⇒ 石垣 約2h5分)

その他、日本以外の就航路線は以下のとおりです。

(C)http://www.hkexpress.com/ja

- 東アジア -


< 韓国 >
済州(さいしゅう)・ 釜山(ぷさん)・ ソウル

< 中国 >
無錫(むしゃく) ウーシー・ 寧波(ねいは) ニンポー・ 昆明(こんめい) クンメイ・ 香港

< 台湾 >
花蓮(かれん) ・ 台中(たいちゅう)

- 東南アジア -

<ベトナム>
ダナン ・ ニャチャン

<タイ>
チェンライ ・チェンマイ ・ プーケット

<ラオス>
ルアンプラバン
※ルアンプラバンはもうすぐ就航。公式HPをご確認ください。

<カンボジア>
シェムリアップ

<ミャンマー>
マンダレー ・ ヤンゴン

- 太平洋州 -

<アメリカ>
サイパン島 ・ グアム


「道の駅 香港 (mitino-eki)」との連携:地元特産品の新販路を作る試み


(C)https://www.facebook.com/michinoekiHK/

香港エクスプレス航空による石垣島運航路線の人気ぶりを受け、
石垣市商工振興課の方でもこの商機を活かそうと、
地元特産品販売の販路を香港に作ろうとする動きが出ています。

同課によると、今年7月に香港・西灣河(サイワンホー)地区で新規オープンした
「道の駅 香港」(日本の食材品を主に取り扱うアンテナショップ)で、
試験的に石垣島の特産物を来年1月〜3月にかけ、販売する計画を立てているとの事。
さらに、香港エクスプレス航空と連携した貨物輸送も検討しているという。
※現在、石垣市の方では年内中に、「道の駅香港」で販売する地元業者を一般公募する予定だ。


(C)https://www.facebook.com/michinoekiHK/

一般的に、離島における地元特産品製造会社が、自社商品を海外でプロモーションする場合、
要員や人件費、輸送コストなど、様々な人的・資金的困難が付きものですが、
今回、石垣市ではそんな問題をクリアすべく、一括交付金を元に地元零細企業を後押しするようだ。

ちなみに、同店が開設されている立地は富裕層が多い住宅街。
同地区には日本人の移住者が年々増えており、香港から訪日客も増加していることから、
日本の特産品消費が香港においても見込めると分析しているとのこと。


2016/10/10



スポンサーリンク
posted by 八重山人 at 15:27 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。